自分に合った歯科を探してBeautyフェイス│コンプレックス解消

案内

治療を行なう

医療器具

審美歯科と矯正歯科、矯正歯科とインプラントが時にはお互いの範囲をカバーしている事があるように、歯科の治療範囲はクリニックによって変化しています。例えば審美歯科の中にも、ホワイトニング専門の所と歯列矯正も行っている所がある、というように。とはいえ、やはりそれぞれにしかできない事があるのも事実です。小学校の歯科検診における歯並びへの指導はセルフケアか治療するかのみです。セルフケアの場合は「硬いものを食べましょう」という指導だったりします。そして、治療の場合は矯正歯科で矯正器具を作ってもらうのが一般的です。この矯正器具、使用するのは子供の内が推奨されています。その理由は、子供の場合は骨が柔らかく矯正がしやすいからです。また、歯に装着する矯正器具は目立ちますし装着期間も1年程と長い為、装着していてもあまり差し障りのない子供の内にしてしまうという考えもあるそうです。

歯の矯正は大人になっても可能です。その場合は矯正器具の他にマウスピースによる治療があります。マウスピースは家にいる間など、人目につかない間に使用するセルフケア用品です。無呼吸症候群の治療にも用いられるなど、高い汎用性を誇っており使用感も悪くないので、あからさまな矯正が苦手な場合にはマウスピースを希望してみるのもいいでしょう。また、審美歯科で矯正を行う場合は歯を削り、その上に義歯をかぶせて歯並びを整えるという方法を取ります。他にも歯を抜いてインプラントにするなど、一部分をまるごと交換する矯正も存在します。