自分に合った歯科を探してBeautyフェイス│コンプレックス解消

案内

インプラントを使う

歯型

審美歯科は名前の通り、歯の審美的価値を高めるための治療を行っています。矯正歯科やインプラントと比べると「おまけ」として扱われることも多いですが、そんなことはありません。審美的価値を高めるということは、印象を良くする、気分が晴れやかになるといったプラス効果があるんです。もちろん、歯周病予防の観点から見ても、審美歯科は重要なポジションにいるでしょう。どういうことかというと、審美的価値を高める為には歯を白くする…つまりは日頃の歯磨きからしっかりと指導が行われるということです。歯磨きの質を高めれば、歯周病予防に繋がります。一時的な審美だけではなく、継続してきれいでいる為には日頃のデンタルケアをしっかりと指導してもらわなければならないのです。その点で審美歯科はぴったりと言えます。

インプラントは他の治療法に比べると比較的新しい存在です。近年はインプラント専門の歯科も登場しており、かなり普及していることが伺えます。そんなインプラントですが、果たして具体的などんな感じなんでしょうか?矯正歯科は歯並び全体を矯正することが多く、審美歯科は上から義歯をかぶせる方法を取ることが多いです。また、従来の義歯は「差し歯」と呼ばれる歯根が残った状態で使用するものが一般的でした。しかしインプラントの場合は、歯根もすべてなくなった場所に新しく義歯を装着させます。しかし歯根がなければ歯と骨をくっつけることが難しい為、インプラントではボルトを使用するのです。歯ぐきにボルトを使用するのは怖い!と感じる方も多いでしょう。とはいえ、実際にはボルトも歯根もそんなに差はありません。麻酔を使用するので痛みなどもほとんど感じないままインプラント治療は終わります。インプラントは歯根がない状態でも装着でき、なおかつ安定感がある義歯として重宝されています。定期的なお手入れは必要ですが、通常の歯と変わりない使用感があるからこそ、普及しているのではないでしょうか。